プログラム

プログラム

日程 午前 午後 夕方
9月12日
(水)
一般研究発表(口頭) 若手・学生セッション、
ポスター1、
特別集会
分科会
9月13日
(木)
一般研究発表(口頭) 、
ポスター2
総会、
受賞記念講演、
特別講演、
シンポジウム
懇親会
9月14日
(金)
一般研究発表(口頭)、
特別集会
一般研究発表(口頭) 、
特別集会、
市民公開フォーラム
 

なお、期間中は全日、環境機器展を開催しています。様々な最新機器が展示されますので情報収集などの機会としてご参加ください。

上記に掲載の日程表・プログラムは現時点のものであり、今後、予告なく更新・変更になる場合がございます。

日程表(掲載:2018/08/08)
一般研究発表プログラム(掲載:2018/08/08)

■ 特別講演
日 時: 平成30年9月13日(木)15:00~15:40
会 場: A会場(総合研究棟 1F 筑紫ホール)
座 長: 早川和一(金沢大学・環日本海域環境研究センター)
講 演: 1970年代からの大気汚染研究
               嵐谷 奎一(産業医科大学名誉教授)
■ シンポジウム
日 時: 平成30年9月13日(木)15:45~18:00
会 場: A会場(総合研究棟 1F 筑紫ホール)
座 長: 市瀬孝道 (大分県立看護科学大学)、田中昭代(九州大学)
テーマ: 越境粒子状物質の健康影響
講 演:
(1)黄砂の疫学研究 —影響評価の現状と課題−   

橋爪真弘1)
1)国立大学法人長崎大学 熱帯医学研究所

(2)黄砂の乳幼児への短期影響 ―燃焼性大気汚染物質による影響修飾―

金谷久美子1), 亀田貴之2),大西一成3), 中山健夫1)
1)京都大学大学院医学研究科, 2)京都大学大学院エネルギー科学研究科, 3)鳥取大学

(3) 黄砂など粒子状物質が循環器疾患に及ぼす短期曝露影響に関する研究

高見昭憲1), 小島淳2,3), 道川武紘1,4), 上田佳代5), 吉野彩子1), 三澤健太郎1,6),小島知子2), 坂本哲夫7), 畠山史郎8,9), 新田裕史1), 小川久雄10)
1)国立環境研究所, 2)熊本大, 3)川崎医大, 4)東邦大, 5)京都大,6)首都大東京,7)工学院大, 8)東京農工大,9)CESS,10)国立循環器センター

(4) 黄砂,PM2.5の毒性評価と健康影響評価

渡部仁成1), 倉井淳1)
1)清生会谷口病院

(5) 黄砂とPM2.5の呼吸器への影響―肺の炎症誘導とアレルギー増悪作用―

市瀬孝道1),吉田成一1), 定金香里1), 吉田安宏2), 嵐谷奎一2),伊藤智彦3), 鳥羽 陽4), He Miao5)
1)大分看護大学,2)産業医科大学,3)国立環境研究所, 4)金沢大学,5)中国医科大学

■市民公開フォーラム
PM2.5大気汚染の最近の状況・解析から健康影響
日 時:平成30年9月14日(金) 13:30~15:30
会 場:B会場(総理工・先導研 A-112講義室)
世話人:濱村 研吾(福岡県保健環境研究所)
座 長:濱村 研吾(福岡県保健環境研究所)
講 演:
(1) 福岡県のPM2.5の最近の状況や高濃度事例について

福岡県保健環境研究所 力 寿雄 専門研究員

(2) PM2..5に関わる今までの国と福岡市の取り組み

福岡市環境局 船越 吾朗 係長(前環境省水・大気環境局課長補佐)

(3) PM2..5の予測と解析

国立環境研究所地域環境研究センター 菅田 誠治 室長

(4) PM2..5の健康影響-身近な疑問から最新の研究結果まで-

京都大学工学部 上田 佳代 准教授

■特別集会1 福島事故による放射性物質の大気動態と環境影響に関する最新の知見(一般公開)
日 時:平成30年9月14日(金) 9:30~12:00
会 場:C会場(総合理工・第1講義室)
世話人:反町 篤行(福島県立医科大学・医学部)
座 長:反町 篤行(福島県立医科大学・医学部)
講 演:
(1)原子力事故データの総合解析・事故時の有害物質大気中動態評価法の高度化

山澤 弘実1),大浦 泰嗣2),森口 祐一3),寺田 宏明4),関山 剛5),五藤 大輔6),鶴田 治雄7)
1)名古屋大学,2)首都大学東京,3)東京大学,4)日本原子力研究開発機構,5)気象研究所,6)国立環境研究所, 7)リモート・センシング技術センター

(2)福島第一原発事故起源の放射性セシウムの再浮遊について

五十嵐 康人(茨城大学)

(3)東電福島第一原子力発電所事故初期のSPM測定地点における大気中I-131濃度の推定手法の構築

鶴田 治雄1), 海老原 充2),大浦 泰嗣3), 白井 直樹3), 松崎 浩之4), 森口 祐一4) ,大原 利眞5) ,中島 映至6)
1)リモート・センシング技術センター, 2)早稲田大学, 3)首都大学東京,4),東京大学,5)国立環境研究所,6)宇宙航空研究開発機構

(4)大気輸送沈着・ばく露評価統合モデルを用いた事故初期の甲状腺被ばく線量推計

大原 利眞1),高木 麻衣1),森野 悠1),五藤 大輔1), 中山 祥嗣1), 大浦 泰嗣 2),海老原 充3),鶴田 治雄4),森口 祐一5)
1)国立環境研究所,2)首都大学東京 ,3)早稲田大学,4)リモート・センシング技術センター,5)東京大学

(5) 福島第一原子力発電所近傍の住宅室内のセシウム汚染

篠原 直秀1),吉田 浩子2)
1) 産業技術総合研究所,2)東北大学

■特別集会2
新規測定法によるHOxサイクルの精密解析とオキシダント・エアロゾル研究の新展開
日 時:平成30年9月14日(金) 13:30~16:00
会 場:G会場(大気環境システム学専攻棟(G棟)・2F講義室)
世話人:梶井 克純,村野 健太郎(京都大学)
座 長:中山 智喜(長崎大学),定永 靖宗(大阪府立大学)
講 演:
(1)ポンプ-プローブ法を用いたHOxラジカル反応性観測における新展開
  --- 実大気におけるHOxラジカル反応性の調査 ---

坂本 陽介1),2),河野 七瀬1),梶井 克純1),2)
1)京都大学,2)国立環境研究所

(2)ポンプ-プローブ法を用いたHOxラジカル反応性観測における新展開
 --- スモッグチャンバーを利用したVOCのOH酸化過程の観測 ---

河野 七瀬1),坂本 陽介1),2), 梶井 克純1),2)
1)京都大学,2)国立環境研究所

(3)HOx サイクルにより二次生成する物質: 光化学オキシダントと有機硝酸    

定永 靖宗1), 梶井 克純2),3)
1)大阪府立大学,2)京都大学,3)国立環境研究所

(4)新規高感度光吸収法による光化学オキシダント生成関連物質の測定

中嶋 吉弘1), 梶井 克純2),3)
1)東京農工大学,2)京都大学,3)国立環境研究所

(5)VOC酸化生成物の暗反応からの二次有機エアロゾル生成に関するチャンバー実験

佐藤 圭1),Sathiyamurthi Ramasamy1), 梶井 克純1),2)
1)国立環境研究所,2)京都大学

(6)オゾン添加に対するSOA生成能の観測研究

中山 智喜1), 梶井 克純2),3)
1)長崎大学,2)京都大学,3)国立環境研究所

(7)VOC酸化生成物のOH反応性の数値モデリング

森野 悠1),佐藤 圭1),坂本 陽介2),河野 七瀬2),中川 真秀3),Sathiyamurthi Ramasamy1),梶井 克純2)
1)国立環境研究所,2)京都大学,3)広島大学

■分科会
1.都市大気エアロゾル分科会(全国環境研協議会共催)
テーマ:PM2.5測定・分析に関する最近の研究と取組
日 時:平成30年9月12日(水) 15:00~18:00
会 場:A会場(総合研究棟 筑紫ホール)
世話人:高橋 克行(日本環境衛生センター)
     山口 陽子(佐賀県環境センター)
座 長:近藤 大輔(佐賀県環境センター)
講 演:
(1)PM2.5に関する環境省の取組みについて

上尾 一之(環境省)

(2)PM2.5自動測定機の空試験の実態とその変動要因

高橋 克行(日本環境衛生センター)

(3)PM2.5成分自動測定機の観測網から得られる知見など

桐山 悠祐(アジア大気汚染研究センター)

(4)テープろ紙を用いたPM2.5無機成分測定の分析精度とネットワーク観測

辻 昭博(京都府保健環境研究所)

(5) フィルタ材質、捕集時間および捕集方法の違いが有機成分分析に与える影響

池盛 文数(名古屋市環境科学調査センター)

2. 酸性雨分科会
テーマ:九州における酸性雨・越境大気汚染研究
日 時:平成30年9月12日(水)16:10~19:00
会 場:B会場(総合理工・先導研 A112講義室)
世話人:皆巳 幸也(石川県立大学),藍川 昌秀(北九州市立大学)
座 長:皆巳 幸也(石川県立大学)
講 演:
(1)自然起因の大気中酸性硫黄化合物やその前駆体のモニタリング:火山ガスのモバイル分析,dimethyl sulfideの大気へのフラックス変動

戸田 敬(熊本大学大学院先端科学研究部)

(2) 長期観測データからみた越境大気汚染の変化-全環研酸性雨全国調査及びEANET酸性雨モニタリング結果より-

濱村 研吾1),藍川 昌秀2)
1)福岡県保健環境研究所,2)北九州市立大学

(3) 全環研酸性雨全国調査からみえる九州地方の特徴

岩崎 綾(沖縄県衛生環境研究所)
[全国環境研協議会酸性雨・広域大気汚染調査研究部会]

3.自動車環境分科会
テーマ: 下がらない光化学オキシダントに自動車は何が出来るのか?
日 時: 平成30年9月12日(水)16:10~19:00
会 場: C会場(総合理工・第1講義室)
世話人: 柏倉 桐子((一財)日本自動車研究所)
座 長: 柏倉 桐子((一財)日本自動車研究所)
講 演:
(1) 光化学反応に寄与する自動車のVOC排出量

柏倉 桐子((一財)日本自動車研究所)

(2) 自動車からの総THC排出量推計とその課題について

佐藤 厚((株)数理計画)

(3) 光化学オキシダント低減に有効な自動車発生源対策とは ~その現在・過去・未来~

井上 和也(国立研究開発法人産業技術総合研究所)

4. 環境大気モニタリング分科会
テーマ: 温室効果ガス・エアロゾルの観測と気候変動への影響
日 時: 平成30年9月12日(水)16:10~19:00
会 場: D会場(総合理工・第2講義室)
世話人: 米持 真一(埼玉県環境科学国際センター) 
座 長: 齊藤 伸治((公財)東京都環境公社 東京都環境科学研究所)
講 演:
(1) 気候変動と温室効果ガスの観測

向井 人史,寺尾 有希夫(国立環境研究所)

(2) 富士山頂での長期CO2濃度モニタリング事業について

野村 渉平(国立環境研究所)

(3) エアロゾル粒子の光学特性のその場計測の現状と課題

中山 智喜(長崎大学)

5. 室内環境分科会
テーマ: 室内環境における香りの課題
日 時: 平成30年9月12日(水)16:10~19:00
会 場: E会場(総合理工・第3講義室)
世話人: 光崎 純(製品評価技術基盤機構),篠原 直秀(産業技術総合研究所),野口 美由貴(成蹊大学),水越 厚史(近畿大学)
座 長: 篠原 直秀(産業技術総合研究所)
講 演:
(1) 室内における香り付き製品の動向と嗅覚測定法について

水越 厚史,東 賢一,奥村 二郎(近畿大学)

(2) 揮発性有機化合物の生体影響の解明に向けて

相田 美和1),深町 一揮1),松岡 龍哉1),石竹 達也2)
1)長崎国際大学,2)久留米大学

(3) 複数の化学物質による臭気とその変化について -たばこ煙成分濃度と臭気強度の相関-

野口 美由貴,山崎 章弘(成蹊大学)

6. 植物分科会
テーマ: 大気汚染物質と植物の相互応答に関する最近の話題
日 時: 平成30年9月12日(水)16:10~19:00
会 場: F会場(総合理工・E101講義室)
世話人: 三輪 誠(埼玉県環境科学国際センター),渡辺 誠(東京農工大学)
座 長: 渡辺 誠(東京農工大学)
講 演:
(1) 長崎における大気汚染の植物影響評価

山口 真弘(長崎大学)

(2) 大気環境と植物由来テルペン類の相互作用

谷 晃(静岡県立大学)

7.都市大気環境モデリング分科会
テーマ: 大気環境モデリング解析研究の現状と今後の発展を語ろう
日 時: 平成30年9月12日(水)16:10~19:00
会 場: G会場(大気環境システム学専攻棟(G棟)・2F講義室)
世話人: 山地 一代(神戸大学),永島 達也(国立環境研究所)
座 長: 永島 達也(国立環境研究所)
講 演:
(1) 排出インベントリの開発・改良・検証の現状

黒川 純一((一財) 日本環境衛生センター アジア大気汚染研究センター)

(2) 大気汚染物質の排出インベントリと大気環境研究

森川 多津子((一財)日本自動車研究所)

(3) 国際的な評価を見据えた汚染物質排出インベントリの構築の必要性

茶谷 聡(国立環境研究所)

(4) 統一気象場・放出源情報を用いた福島第1原子力発電所起源のセシウム(137Cs)を対象とした大気拡散モデルのモデル間比較プロジェクト

佐藤 陽祐1),滝川 雅之2),関山 剛3),梶野 瑞王3),寺田 宏明4),永井 晴康4),近藤 裕昭5),打田 純也6),五藤 大輔7),Denis Quélo8),Anne Mathieu8),Arnaud Quérel8),Fang Sheng9),森野 悠7),Pontus von Schoenberg10),Håkan Grahn11),Niklas Brännström11),平尾 茂一12),鶴田 治雄13),中島 映至14),山澤 弘実1)
1)名古屋大学,2)海洋研究開発機構,3)気象研究所,4)日本原子力研究開発機構,5)産業技術総合研究所,6)東京大学,7)環境研究所,8)フランス放射線防護原子力安全研究所(IRSN),9)清華大学,10)ストックホルム大学,11)スウェーデン防衛研究所(FOI),12)島大学,13)リモート・センシング技術センター,14)宇宙航空研究開発機構

(5) 大気質モデルの予測精度向上に向けた課題

嶋寺 光(大阪大学)

(6) モデル再現性評価~測定値をモデル再現性の評価に使う際に考えるべきこと~

山地 一代1),長嶋 達也2),茶谷 聡2)
1)神戸大学,2)国立環境研究所

(7) 大気汚染予測を発信する際に必要な配慮について

菅田 誠治(国立環境研究所)

(8) 必要性自治体によるモデルの利用について

小松 宏昭(神奈川県環境科学センター)

8. 臭気環境分科会
テーマ:臭気研究の最前線と北部九州における臭気行政
日 時:平成30年9月12日(水)16:10~19:00
会 場:H3会場(応用力学研究所本館・3F講義室)
世話人:上野 広行((公財)東京都環境公社 東京都環境科学研究所), 佐藤 博(長崎国際大学), 重岡 久美子((公社)におい・かおり環境協会),祐川 英基(祐川環境カンファレンス株式会社),樋口 能士(立命館大学),樋口 隆哉(山口大学),増田 淳二(大阪市立環境科学研究センター)
座 長: 樋口 能士(立命館大学)
講 演:
(1) 人工嗅覚システムの研究開発現状

都甲 潔(九州大学高等研究院/味覚・嗅覚センサ研究開発センター)

(2) 生活環境を取り巻く臭いに関する研究

佐藤 博(長崎国際大学)

(3) 北九州市の悪臭問題 ~その対応と現況について~

山﨑 詳平,北尾 多貴男(北九州市環境局環境監視部環境監視課)

(4) 保育園における感覚公害(臭気・騒音)の現状と対応

藤本 正典(福岡市保育協会)

9. 健康影響分科会
テーマ: PM2.5の新知見:PM2.5の何が健康に影響しているのか?
日 時: 平成30年9月12日(水)16:10~18:30
会 場: H6会場(応用力学研究所西棟・6F W601 - 多目的研究交流室)
世話人: 定金 香里(大分県立看護科学大学)
座 長: 奥田 知明(慶應義塾大学)、定金 香里(大分県立看護科学大学)
講 演:
(1) 黄砂など粒子状物質が循環器疾患に及ぼす短期曝露影響に関する研究

高見 昭憲1),小島 淳2),3),道川 武紘1),4),上田 佳代5),吉野 彩子1),三澤 健太郎1),6),小島 知子2),坂本 哲夫7),畠山 史郎8),9),新田 裕史1),小川 久雄2),10)
1)国立環境研究所,2)熊本大学,3)川崎医科大学,4)東邦大学,5)京都大学,6)首都大学東京,7)工学院大学,8)東京農工大学,9)埼玉県環境科学国際センター,10)国立循環器センター

(2) 福岡・埼玉・神奈川でサイクロン採取された粒子状物質の曝露験による健康影響評価 -推進費CYCLEXプロジェクト進捗報告-

奥田 知明1),本田 晶子2),大西 俊範2),田中 満崇2),高野 裕久2),長谷川 就一3),亀田 貴之4),東野 達4),西田 千春5),原 圭一郎5),林 政彦5),完戸 大輝1),照井 凱大1),佐藤 摘歩実1),井上 浩三6)
1)慶應義塾大学,2)京都大学工,3)埼玉県環境科学国際センター,4)京都大学エネ科, 5)福岡大学,6)東京ダイレック株式会社

(3) 粒子酸化能に関する観測的および数値的研究

梶野 瑞王1),足立 光司1),Joseph Ching1),木名瀬 健1),関山 剛1),財前 祐二1),五十嵐 康人2),大畑 昌輝3),チョン 千香子3),藤谷 雄二4),古山 昭子4),萩野 浩之5),須藤 菜那5),大西 一成6),亀田 貴之7),猪股 弥生8),原 圭一郎9),西田 千春9),林 政彦9)
1)気象庁気象研究所,2)茨城大学,3)産業技術総合研究所,4)国立環境研究所,5)日本自動車研究所,6)山梨大学,7)京都大学,8)金沢大学,9)福岡大学

お問い合わせ

【第59回大気環境学会年会に関するお問い合わせ先】
九州大学 応用力学研究所 大気環境モデリング分野内
第59回大気環境学会年会事務局
〒816-8580 福岡県春日市春日公園6-1
TEL/FAX: 092-583-7774
Email: jsae59@riam.kyushu-u.ac.jp
【参加登録・宿泊・交通に関するお問い合わせ先】
株式会社近畿日本ツーリスト関西 トラベルサービスセンター西日本
「第59回大気環境学会年会」担当デスク
〒550-0013大阪市西区新町1-16-1 大陽日酸新町ビル7F
TEL:06-6535-8640 /  FAX:06-6535-8648
E-mail:kjc-event24@gp.knt.co.jp
(営業時間:月~金 10:00~17:00 土日・祝祭日は休業)

ページの先頭へ